オカメインコ 大失敗&反省

0 -
オカメインコのハルカゼちゃん、ずいぶん大きくなりました。
ようやく女の子の兆しが見えてきて、自分自身でオスメスの判定を納得すると安心するんです。
haruchan6.jpg
*オカメインコのメス 独特のポーズです
逆さまになってベローンとぶら下がりポーズ。
これを頻繁にするようになりました。
ちょうど生後6か月を過ぎた頃からはじまりましたよ。

そして、オカメインコのこのハルカゼちゃんのシナモンパールパイドという色はわかりにくくて、長い間(数か月ですが)
どっち? オス? メス?と気をもんだのでした。

頭の形? 体格? いろいろネットでオカメインコ性別判定オカメインコが詳しく書かれていますが、なかなかわからない。

チークパッチは大きくて色が濃い? ハルカゼちゃんは割合大きくて赤いんですよ。
haruchan7.jpg
*生後4か月のまだ中雛のハルカゼちゃん
頭のかたちもWEBで言われているように四角いような気がしますよね。

そしてシナモンパールパイドの雄はパール模様が徐々に消えてくると言うのですが、メスのハルカゼちゃんはは
換羽と共にパールが曖昧になった時期がありました、ちょうど生後4か月のこの頃です。
換羽でメスでも一時期は消えかけてくるようです。

それでも換羽が過ぎてくる6か月頃には綺麗なパール模様にもどりました。
オカメインコの雛を入手した飼い主さんにはこの6か月はとても長くもやもやした気持ちがよくわかりますよね。


*ハルカゼちゃん2か月半頃の初鳴き

私は鳴きだしたハルカゼちゃんのこの鳴き方でもしやオス?と思ってしましました。
ずっとこれがひっかかていました。
この鳴きはこの日だけで、後はいつも通り「プイー」だけでした。
3か月にもならない雛なのにこれだけ長く鳴かれたらオスだと勘違いしますよね。

そして、生後6か月が過ぎて、先の写真のようにブラーンとぶら下がりポーズ、オカメインコのメス独特のブラーンです。
換羽も終わり、ほぼメス確定かなと思いながらも、先の長鳴きの様子が忘れられません。
心に引っ掛かりながらハルカゼちゃんは8か月になりました。

するとしばらくしてまたあの長鳴きがはじまりました。
同じ鳴き方、チュチュチュ、ピヨピヨ、キュッキュッキュッを延々と鳴いてます。
よく見るとお尻を鳥かごに隅っこにちょいとくっつけて、尻尾とお尻を上げるような姿勢でずっとピヨピヨピチピチと鳴いています。

あっ、発情だわ、これがオカメインコのメスの発情だったんですね。
その姿勢でずっと鳴いています、WEBではオカメインコのメスは発情するとこのような姿勢をすると書いてありましたが。鳴き声までは書いてませんよね。
この前傾+お尻上げ姿勢でピロローピヨピヨ チュチュチュピーと囀ります、案外とバラエティー豊かな鳴き方です。
決して単調ではありません。
2~3日そのような囀りが続きました。

それでようやく2か月半のあの時のハルカゼちゃんの長鳴きに納得です、まさか3か月にもならないオカメインコの
雛が発情するなんて思ってもいませんよね。
この頃はまだ挿し餌を少し食べてましたから。

ようやく理解した私はぼんやり、あ~そろそろハルカゼちゃんも大人に近づいて来たんだなぁ~と昨年の夏の育てたのが懐かしく感慨にふけってました。

翌日、卵を産みました!!

haruchan8.jpg


えっ? 大きな卵。

ウズラ卵と大きさがあまり変わらない、むしろ縦方向はウズラ卵より長い。

■ここからが私の失敗に始まりです■

うちは繁殖はしたくないので、今まではセキセイインコ達の無精卵はすぐに取り上げてました。
せっかく産んだ卵ちゃんはお庭にそっと埋めてました。
セキセイインコ達はそれでもまったく大丈夫でした。

卵がないと一瞬で元に戻ります、母鳥ではなくいつもの可愛いセキセインコですね。

所が、オカメインコはセキセインコより少々頭脳が発達しているように思いました、探すんですよ、卵を。
セキセインコも探す子はいるけど、ホントにほんの一瞬なんですよ。
ハルカゼちゃんは一日中探していました。

そうして、私が卵を取り上げたからまた2日後に産みました。
その繰り返しで、悩みに悩みました結果9個目からそのままにしてみました。

すると産み足して合計卵を13個も産ましてしまう事になってしまったんです。

・どうせ無精卵だし
・手や肩に乗せていつものように遊びたいから


そういう私の身勝手がハルカゼちゃんの体に負担をかけてしまいました。

可愛がると言うことは見守る事なんですね。
息子で失敗したのに、まだこんな愚かな私。

聞くところによると、オカメインコのブリーディングは生後8か月には始まるそうです、早い例では生後5か月だそうです。
まだまだ雛で赤ちゃんだと思ってましたが、大人の仲間入りをしてたんですね。

そんな私の反省の元にオカメインコのメスのハルカゼちゃんは、今は卵を温めています。
体力回復の為に少々高カロリーの餌とカルシウムとネクトンSで養生しながら元気に過ごしてます。

■初めて知ったメスの脅威の溜めウンチ■

セキセイインコ達もメスは発情が近づいたり、産卵中はそこそこの大き目の水分を含んだウンチをしますが。
ところが、オカメインコの溜めウンチはとてつもなく凄いのであります

綺麗好きなのか、自分の鳥かごの中ではしたくないようなんですよ、抱卵中でも一日に1回~2回は鳥かごから
出してアピールがあります。

そうして出てきた次の瞬間、ニュルニュル~ボテボテ~ブッチャン~とウンチをします。
水っぽいから床はもちろん壁にもベッチャ~と飛び散ります。
しかもセキセインコと違って非常に臭いのです。

1583556011498.jpg


最初は「あっ、出てきて遊びたいのね~」と鳥かごから出てきて私の肩に止まったハルカゼちゃんに嬉しくてね、大喜びしていました。
が、しかし、私に止まりに来たのでなくウンチをする場所だったんですね。

ニュルニュル~ボテボテ~ブッチャン~のウンチを私の肩から頭に移動した途端に出るわ出るわ、ベトベトの汚物が
私の頭から額を伝って首筋にまで流れました。
ボーゼンと時間と思考が止まってしまいました。

■対策と予防を考えました■

そう抱卵中でも一日に1~2回は出してアピールをします、その時はウンチです。
すぐに飼い主に止まろうとしますが、さっとよけて部屋の中に設けた止まり木(ウンチの場所)へ、すぐにウンチをしたいから
あまり遊ばずにすぐに止まり木へ行きます。

そして、止まり木の下には、うちでは犬のペットシーツを置いてますが、新聞紙などもOKです。
最初はティッシュを用意しましたが、なんのなんのティッシュなどでは太刀打ちできないくらい凄いのですよ。

IMG_20200304_201214.jpg
*これが一回のウンチの量です わぉ~

今は壁側にペットシーツを折って立てかけるようにしてます、ウンチが壁まで飛ぶのです。

それから、鳥かごは抱卵中はあまり掃除ができないので鳥かごには「チモシー」というウサギようの干し草をひいてます。
干し草をひいてから臭いはなくなりました。
ハーブ入りでいい匂いがするんですよ。
最初はウッドチップを使ってましたが、干し草の方が臭い消しにはよかったですよ。



この干し草を入れるまでは臭い臭い、部屋中が臭いのよ、特に冬で締め切って暖房しているのあって、もうホントに
臭いのです。

それからね

オカメインコのブログはたくさんあります、私も飼ってからいろんな方のブログを飼い方の参考にするのに読みましたが、
オカメインコが可愛い事、愛らしい事、素晴らしい事、どれほど癒してくれかと書かれていますが、この大量のウンチを
畳に、そしてはたまた絨毯にされたらと考えてみてください。
臭いも凄いの、マンションやワンルームなどの生活環境によっては耐えがたいのです。

そんなこんなで、良い事ばかり書いてあるブログは鵜呑みにしてはいけないなぁ~と今になって気が付いたんですよ。

関連記事
ページトップ