オカメインコ オスの入手の方法


前回はうちのオカメインコのハルカゼちゃん(メス)の発情と病院での治療などをご紹介しました。
その後も定期的に通院して元気になりました。
haruchan6.jpg

ちか 森の小動物病院の先生本当にありがとうございました。
これはオカメインコのメスの独特のポーズで「ぶら~ん」ですね、見事にぶら下がりますよ。
ハルカゼ頑張る!!



さて、今日はオカメインコのオスの入手方法です。
ここで一発そらどうだっ!!に近いかもしれませんが、お試しくださいね。

と言うのは、下記の方法がオスの入手のとしてWEBを検索すると出てきます

① オカメインコさんのブリーザーでオスを予約購入する

② ペットショップでオカメインコのオスとして予約する

この2通りしか方法は無いようなんですが、ブリーザーさんのページを見てみると
RF? CF? WF? ナントカとナントカを交配した場合にはどうのこうの?
細かくご指定くださいと書かれている。

え? 勉強が必要?

とりあえず、可愛がるからなんでもいいからオスを下さいと言うとおそらくお断りされそうです。
早い話が敷居が高いのであります。
もちろん、適当でオカメインコに無知な飼い主には渡せない気持ちもよくわかりますが、なんだか
問い合わせるのも怖い。


そして、比較的鳥専門のペットショップさんに「オス」の予約をしても一年待ちだの、この子はオスですと
書かれた証明書付きで購入しても、育ているうちに、どうも違うようでおかしいなと思ってたら、やっぱり
しばらくしたらメスだったとか。。。

どちらにも書かれているように、決してメスが可愛くないわけではないんですが、オカメインコを飼うなら
やっぱり、ピーポポポ ピーピーとお歌を歌ってくれる子を飼いたいじゃないですかっ。

そこで、究極のオカメインコのオスの入手方法をご紹介、我流ですが、しかし私はこれでオスの「ソヨカゼちゃん」
を入手する事が出来ました。

soyo2.jpg
生後2か月でうちに来て、今生後4か月になりました「ソヨカゼちゃん」です。

メリーさんの羊を熱唱中です(生後3か月の時)


こんな風に一日中楽しく歌って踊ってしています。
やっぱりオカメインコはオスが欲しいでしょ。

どのようにして、ソヨカゼちゃんと出会ったかと気になる所ですよね、もうホントに近所のホームセンターにこの子は
いました。
生後2か月半でもうすでに一人餌になっていて3羽くらい、たぶん一緒に入荷したんでしょう同じくらいのおチビさん達
でした。
頭の形、ホッペの色、体形 これではわかりません。

まず、近くに寄って 「ピ~ピ~」と口笛を吹いてみてください

ソヨカゼちゃんは臆病者でその時は近くには寄ってきません、手を出すと「カッカッ」と威嚇しますが、でも口笛は
首をかしげて聴いていました。

これこれ、これがポイント、女の子は口笛を吹くと2か月の雛でも嫌がります。
どのように嫌がるかというと、下の動画(映りが悪くてすみません)のようにプルップルッを首を横に振ります。
ハルカゼちゃんも同様で、生後1か月半には口笛にこの反応をしていました。



ホームセンターで他の2羽はこのように首をプルプル振って嫌がるんですよ、そこでピ~ンときたので、オカメインコの
衝動買いをしてしまったのがこのソヨカゼちゃんです。

一度ぜひ試してみてくださいね、お役に立てますように。






























関連記事

Comments 0

Leave a reply