ペット保険の事


皆さんはペット保険はどうしていらっしゃいますか?
ドングリは保険には入っていないんですが、今頃になってじっくり考えて見ることにしました

urbisan.jpg
ドングリは今年の夏で8歳、当時からはペット保険の内容もかなり変わりましたね。
どこの保険がどのようになっているのか調べてみました。
ご存知のとおりペット保険は我々飼い主の負担を軽減してくれるものなんです、特に入院や手術などの大病を
した時には安心ですね。

最近ではペットも飼育環境の良さと高品質なペットフードや個人の知識の向上などで、長寿、高齢化が進んでいて、いっそう保険に
ついては深く考えたいですね。
手術や長期の入院、抗ガン治療など高額治療になるケースも珍しくないのですが、ペット保険に加入すると通院・入院・手術にかかる費用を一部負担してくれます。

加入してからの保証期間は各保険会社によって異なりますが、待期期間としておおよそ1カ月ほど保険対象外期間が設けられています。
「待期期間」とは「審査期間」とも呼ばれ、以前はなかったのですが、あきらかに子犬の時から病的なワンちゃんの加入などを避けるためかと考えます。
IMG_20180818_135418 (1)
*鳥は適用外でした。。。


■アニコム損害保険株式会社
ペット保険シェア1位の損害保険会社。
「どうぶつ健保」の対応病院であれば専用の保険証を見せるだけで保険金請求の手続きが簡単に済ませます。
しつけ・健康相談・迷子検索サポートなど独自のサービスを展開しています。

動物病院の取り扱いが一番多い(加入件数も多い)
・その場で保険を適応してくれる
・70%保証90%保証が出来ました、掛け金は高めだけれど選べる
・大手会社で信頼がある
・動物保険を始めたのが一番早い


■AXA(アクサ)損害保険
世界59か国で展開している最大級の保険グループ。
2011年よりペット保険の販売を開始。
ベネッセコーポレーションとの提携で「いぬの気持ち保険」「ねこの気持ち保険」は聞いた事がありますね。
インターネット割引もあり、マイクロチップ装着割引などがあります。
支払い回数や1回あたりの上限がなく、健康相談などのサービスあり(加入者のみ)



■アイペット損害保険株式会社
ペット保険販売10年を超える実績のある保険会社です。
ペット保険の草分けとしてけん引してきた会社。
通院・入院・病気・事故に対応し、補償割合50%70%と選べ、手術に特化した保険料をリーズナブルにした2タイプを設定しています。
50%のコースに加入しているという方が一番多いですね。

ペット保険図解&ランキング
こちらかではペットの年齢と犬種を入力すると保険料が出るようになっていて一度お試しください。
ただ、上記の3社をおすすめするのは、FPCとかは使えない病院または保険適用していない病気などかなり制限があり
注意です。

●ドングリも犬種+年齢を入力してみました●

年齢7歳 ペキニーズ(選ぶ中にはなく:その他) 体重6KG以下 
pet.jpg

月額 1750円

・一回の治療は保険が70%保証(14000円まで)
    *ただし以後のその病気での通院は適用外

・手術は50万円まで

・年間限度額 128万円

ざっといろいろありましたが、普段は元気で過ごしているけど、時には調子が悪い時もあり、ドングリは
ペキニーズという犬種として考えられるのがヘルニアの手術が必要になるかも・・・
そうするとこの保険は一番掛け金もリーズナブルですね。



他は通院やらその他の小さなサービスが付いていて概ね掛け金は3000円くらいです。
私はこの直球勝負の「アニコム損保の動物保険プチ」

各社参戦のペット保険市場、保険に入っておられる方も一度見直すのもよいですね。


関連記事

Comments 0

Leave a reply