セキセイインコの大きな巣箱



今朝の奈良市の最低気温は-2℃
やっぱり小鳥達が心配で、温度計の設置を試みることにしました。
でも、おもちゃにしたり、うんちだらけにしたり。
木製の巣箱を買ってきて設置しても入ってくれない。
バスケットタイプのオープンタイプの巣箱に綿をひいて置いてみたけどやっぱり入ってくれない。
発想を変えてみて、大きな巣箱を作る事にしました。
100均で正方形の餅焼きの網を6枚買ってきて、それぞれを針金でつないで、上一枚はふたのようにオープンになるんです。
それを壁にひっかけて、ついでにパネルヒーターも針金で、真横にぶら下げてみました。
大きな巣箱の中には止まり木も付けて、とうとう入る事のなかったバードテントもいちおうぶら下げてみました。
そうすると、夜には勝手に2羽共に入っているんですよ。
じゃあフタして、上から毛布を掛けて保温しましょね、と総工費648円のセキセイインコの大型巣箱は大成功です。
(function(d){ var link = d.getElementById("fc2relate_entry_thumbnail_css"); if (!link) { var elm = d.createElement("link"); elm.href = "//static.fc2.com/css/blog/view/blogpc_relate_entry_thumbnail.css?160607a5"; elm.rel = "stylesheet"; elm.id = "fc2relate_entry_thumbnail_css"; var s0 = document.getElementsByTagName('link')[0]; s0.parentNode.insertBefore(elm, s0); /* var head = d.getElementsByTagNames("head"); head[0].appendChild(elm); */ } })(document);
関連記事

Comments 0

Leave a reply