世間話いろいろ


私はもうテレビを見なくなって20年、タレントさんとかお笑いとかわからない。
ずっと香港に住んでいて、帰ってきてから日本のテレビを見ても面白くなくて、そのまま時間が過ぎてしまって。
ニュースでさえも、火事現場とか生焼けの死体とか映ってる。。たとえ食事時でもお構いなしです、そんな強烈なオンエアを
見てると日本のテレビはニュースもドラマももう受け付けない。
hisui.jpg

翡翠台は中国ではNHKのような放送プログラムですわな。

そんな私も知ってる、主だったニュース、虐待とかはもう考えるのも胸が痛すぎで、今日はこいつは卑怯者やな~と思った人たちについて書いてみました。
「卑怯者名をなのれ!!」 と言われるように、卑怯者はいつも隠れてる。

kousitu.jpg
皇室スキャンダルの婚約者のお母さんの元婚約者、マコ様の結婚云々より私はこの元婚約者が大嫌い。
こんな卑怯者の男はいけません、後から金返せとかお金は差し上げたつもりはないとか、婚約当時はそれなりに男女の関係もあっただろうし、男が何年も経って金の事をマスコミにリークするなんて、最低な卑怯者だと思うんだけど
大人の男が一度は結婚を約束しておいてホントに情けない。
「名をなのれ」


卑怯者その2
やっぱり、違う男の子供を夫の子供と偽って、DNA鑑定されてもまだいなおる「喜多嶋 舞」ですわな。
日本国中が怒るのにはひかるげんじとかではなく、もっと先、そう彼女はあの内藤洋子さんの娘なのよ、私達がワカメちゃんかっとで後頭部ゾリゾリに剃られて、自分の母親やら近所のおばちゃんはパンチパーマだった頃にサラサラのロングヘアの美しいお姉さんが内藤洋子さん、喜多嶋のお母さんです。
naitou
どれほど、美しかった事でしょう、子供だった私はこのお姉さんは本当に生きてる人なんだろうか?とか思ってました。

wasi.jpg
普通の庶民はこんな感じでしたよね。
ホントに最低な女だと思うんですよ。

卑怯者その3
もう決まりでしょう、平成の一番を飾る卑怯者は、あの不倫弁護士さんの局部を切り落とした事件の犯人の嫁、もう名前も写真も出てるらしいけど、これからの人生はどう生きていかれるんでしょうね。
局部切り落としでは有名な「阿部定」事件がありますが、あの阿部定の心情は理解もできるし、衝撃的ではあるけど、女の一途な女の情念を感じますが、この犯人の嫁は悪魔のような女ですな。
abe.jpg

そう実際に犯行に及んだ犯人は裁かれるべきですが、心情は理解できますよね、自分の愛する嫁がパワハラで強姦のように上司である弁護士にホテルに連れ込まれたと泣かれたら、その男性の怒りはどれほどだったんでしょうね。 

それから、日本のニュースは嘘が多くて、街頭インタビューも「そう思う」発言に全部を編集しているから、事件が起これば全てが
マスコミ操作されてしまいますわ。

それと同じ情報を別の国で共有はしていない、例えば中国対日本 韓国対日本 そもそもインターネットやテレビの普及率が日本の半分以下であり、中国になればその人口からすれば理解できますよね。
中国嫌いとか嫌韓とかはマスコミ操作が大きいと考えていいと思います。

そんな事を考えながら、私は韓国ドラマが放送されなくなったら、どうしよと心配しながら怠惰な毎日を送っているのであります。



 





関連記事

Comments 0

Leave a reply