商法の嘘といつわり


店にはいろんな営業マンが来るんです。
ヒカリ回線・証券マン・有線そして・・・お店の集客アップをプロデュースしてくれという営業マン。
sale3.jpg
*写真はお借りしただけで本題とは関係ありません
お店に行列を作るというカラクリを伝授してくれます。
様々なツールで広告を出して、ランチを500円引きにしたクーポンを配布します→ランチの値段が780円設定→280円でランチが
食べられる・・・・というカラクリ

ところが、実際にはランチを20食だけ用意して、1980円の別のスペシャルランチを20以降は用意しておくんです。
そうすると並んで280円のランチがなくなった後の人はこの1980円-500円で1480円でランチを食べるわけです。

大抵の日本人は280円で食べられなかったら、1480円でも500円は得したなと大人しく1980円ランチを食べるわけですが、1980円にはちゃんと280円で出したランチの損失分が乗っかってる次第です。
奈良町近辺を見ていると見かけます、悲しいですね。
店舗も並ぶ人も。
奈良町はとってもご近所がうるさいから、本当に人が並ぶ店は順番の券を配布されています。

また、行列がサクラだったりする場合もあります。
毎朝ここはなへ通うのに通るところにできた、とあるカフェ、開店前から行列ができてる。
凄いなぁ~と毎日見てたら、2日目そして3日目・・・あれどこかで見た人が、あれあの人昨日も、よくよく見てたら行列がはけた後はもうガラガラでした。
サクラだったんだわ、そこまでしなくてもと哀れというかなんとも気のどくでブルーな気持ちになりました。

そして、イオンとか通称は業界用語で私達は「ヤカタ」と呼んでますが、大型のショッピングモールです。
ここへ行くとアパレル系のお店によっては年中セールをしています。
sale2.jpg
いつでもセールしているのがセール商法と言います。
これは売る側がメーカーと交渉してセール商品をセレクト納品させます、定価の30%くらいの仕入れとなるわけです。
20%オフや30%オフでも充分儲かる仕組みです。
夏企画でそろそろメーカーさんからアタックが来ています、ナチュランで夏の福袋をだしますが、ここはなさんもどうですか?とかイノブン用に製造した商品が流せますがどうですか?とかって感じです。
夏はアパレル売れない時期なんですよね、困った世の中です。
私はだます方も悪いけどだまされる方も悪いと思うのであります。

sale.jpg


私は暇な今年の夏は、どんぐりには申し訳ないけど母に預けて、1か月くらいハノイに行ってこようと計画中です。
場合によってはどんぐり連れてハノイに移住も考え中、また続きはそのうちに。。。



関連記事

Comments 0

Leave a reply