餌箱生まれの餌箱育ち


うちのスミレは今でも餌箱大好きなセキセイインコ
夜になると、今も餌箱の中でご就寝です
1553744397796.jpg

*これはうちにくる直前の画像です

従妹の玲子さんの家にはセキセイインコが10羽を超えてる
ホントに上手に飼っていて産ませるもの上手い
うちは増えると困るから、只今のところオス&メスは分けています

1553744371516.jpg
ほら、ホントに上手に餌箱に卵を産んでるでしょう、しかもこれは1羽が産んだんではなくて
2羽のメスがそれぞれ適当に自分勝手に合理的に同じ所に産むんですわ

そして、オスもメスも皆で子育ていています
お母さんも遊びたいし、ご飯も食べたいし、ちょっと休憩もしたいですよね
餌箱保育器が不在になったら、ちょこんと代打が来るんです
ついでに餌も食べてね、私達も見習いたいですね

うちも卵を産んだ時はインコブログを読み漁りましたが、どうもどれも同じなんですよ
*産んでから卵が孵化する日数*

*有精卵か無精卵の見分け方*

そして、巣箱を用意して、静かに触らないようになどなど

これまた、横並びのコピーなんですよね、まったく参考にならない
大手のペットショップのブログに多いようです、業者に丸投げするから
適当な事しか書いていない

要はいつも通りでいいんです、特別待遇は不要です
そして有精卵は1週間もすれば少々重たくなります

1553744434200.jpg
*覗いてるセキセイインコはお兄さんかお姉さん達、先に生まれた兄弟です
餌をあげてるでしょ、兄弟でも子育てを手伝うんです



交尾については、メスがまず発情の気配がでてきます
ウンコが水ぽくって大きいくなります
ビックリするくらいボタっとしてきます
卵を産むため産道が広がるんですね
そして交尾を繰り返します

交尾をするとメスの体内にオスの精子が入ります
この体内の精子は何日か体内で保存できるみたいです

でも、多い方がいいだろうという感じで補給交尾をします
だから、必ずしもよくブログでみかけるように
交尾してからXX日後というのは、あてになりません

飼い主も四六時中小鳥の監視をしているわけにはいかないので
あまりいろんなブログは気にしない方がいいと思います
そういう私も初めてうちの小鳥が卵を産んだ時には
内視鏡を買い込んでそっと覗いてみたりしてました
今から思えばオオバカ野郎ですね

egg6-1.jpg
*内視鏡画像です








関連記事

Comments 0

Leave a reply