私の洋服は12着のみです


「ここはな」は犬カフェだけでなく、天然素材の洋服も取り扱って店舗内にショップもあるんです
でも私の手持ちの洋服は夏冬合わせて12着のみ

かなりのミニマリストでしょ


jane6.jpg
もともと海外で居住を転々としていたのもあり、身の回りは限りなく少ないんです
黒い軽量のトランクで翌日からは違う国で生活をスタートするような日々です
ホームレス海外編のような感じですね

ミニマリストの話はさておき、今日は天然素材のお話です


もともともの凄い静電気女なんです、部屋で育てているグリーンに触ってもバチッ
飼い犬のドングリに触ってもバチッ
「母ちゃん痛いです」とドングリはしばしば私の静電気にやられてます
donguriup0326.jpg


自動ドアが開かない、駅の改札で切符がエラーになる等々の武勇伝です
そんな静電気の事を考えてみましょう

静電気が体に及ぼす影響って?


静電気とは、摩擦により起こるもので、生活のあらゆる場面で発生しています
自然に発生する程度なら問題ないとおもいますが
日常生活であまりにも「パチパチ」と感じる場合は要注意です
体が静電気を溜め込みやすくなっているのかもしれませんね
体に溜まった静電気は、以下のような悪影響を及ぼします

1.血流を悪化させ、自律神経のバランスが崩れる
2.カルシウムやビタミン不足を招き、疲れを感じやすくなる。イライラの原因にも。
3. 静電気が空気中のゴミや菌を引き寄せるため、皮膚病の悪化に繋がる

静電気はなんとなく体に悪そうなイメージはあるけど、具体的にどう悪いのか聞かれると曖昧で
その根拠とか医学的にはどうかとか思いますよね

イオンバランスとはプラスイオンとマイナスイオンのバランスのこと
体内でプラスイオンが増えてバランスが崩れるとイライラしたり、疲れが取れにくくなったり
不眠、頭痛、、生活習慣病など、にさまざまな影響を与えるとも言われています
衣服の摩擦などで発生した静電気は体内に蓄積されていきます
動くだけで摩擦は起きますので体が帯電していくのは防ぎようがないのが怖いですね

そうすると一番は天然素材の衣類を着用することです


そして静電気が大量に溜まりすぎると、体内のイオンバランスが崩れると言われます

例えば、血液で言いますと、赤血球はマイナスの電荷をもつシアル酸という酸性糖質におおわれています
そのため赤血球同士もマイナスとマイナスで反発し合いくっつかないので血流はサラサラと普通に流れます
しかし静電気が大量に溜まってくるとプラスに帯電する赤血球があらわれ
マイナスの赤血球と引き合ってくっつくので渋滞してしまい流れが悪くなります
よく聞くドロドロ血になると言われています
この状態の血液は酸性に傾き、活性酸素も増える事によって
肩こり、腰痛、疲労感、冷え性、さらには動脈硬化の原因になります


電気で筋肉を鍛える器具を使ったことがある方ならわかると思いますが
自分の意思と関係なく、筋肉がピクピクしますよね
電気が流れたり止まったりすれば、収縮を繰り返すので鍛えたりほぐしたりするのです
体に静電気が大量に「溜まりっぱなし」だと筋肉を緊張させて硬くしてしまうことがあるそうです
肩こり、腰痛ひどい方はもしかすると静電気が溜まっているのかもしれません
いくらほぐしても、その端から静電気が固めていってる感じですね。

また不眠・リラックスできない・慢性的なだるさ・疲労感も静電気が関わっていると言われます
首回りの筋肉が静電気で緊張している状態を想像してみてください
眠れないのも当然でしょ筋肉が緊張しているとリラックスできないですよね

静電気対策はいろいろありますが、まず基本的に一番大切な事は
洋服は天然素材にするのが美容と健康の秘訣です


■参考にしてくださいね










関連記事

Comments 0

Leave a reply