海外暮らしの本当 いちいち媚びるな


少し前に日本人の海外でのマスクの使用について、あれこれ記事なってましたね。
フランスではマスクをしているのは重病人だと誤解を受けるから、しない方がいいとか。
フランス人が「え~マスク考えられないわポ~ン」とかいう嘘くさいインタビュー画像が載っかってた。
masukuj.jpg
いやいや、マスクのどこが悪いねん。

今パリの地下鉄にのると20区方面になると、6割~7割が濃い有色人種です。
金髪のパリジェンヌや美しいマダムなってどこにもいない。
これってほぼ架空のイメージと思ってもいいかもです。
だいたい、フランス=パリ=エッフェル塔 違う違う、フランスのド田舎に行くと、きっと「使い捨てマスク」
すら見たことないおばちゃんやおじちゃんがたくさんいるはず。

subway.jpg

マスクが問題ではなくて、世界各国どこでもその「人となり」すなわち全体の雰囲気で判断するから。
こざっぱりシュッとした人にはマスクをしていても重病人の印象を待たないです。
ラファイエットとかプランタンに「小汚い有色人種」が入ってくると、玄関すべてに屈強なガードマンが
いて(見るからに怖そうです)
*パリの中心部のラファイエット、プランタンは大手の百貨店

トランシーバーでおそらく「なんか黒い子供連れの3人家族風が北入り口が入りました~」とかやり取り
している感じです。
テロの警戒もあるのかもしれませんが、とにかくコザッパリした服装を心がけた方がいいです。

ところが、フランス人は小汚い
夏の服装はTシャツかタンクトップらしきもの+ゴム草履(靴下はホントに履いてないですね)
+半パンツとか中途半端な丈のよれよれのいわゆるステテコみたいな人が多い。

ここでチェックポイント
・フランス人はクロックスを履いている人を見たことがない
・フランス人はジーンズは少数派
・ティンバーランドのブーツにブリーチのジーンズはギリシャ人(余談です)
アメリカ物は嫌う傾向にあるようです

まとめると
・靴下履かない(あんまり持ってないような気がします)
・ハンカチを持たない(持ってないかも)
・もちろんティッシュなって持ってるはずがない

こんな人たちだから、マスクって論外であり圏外です。

フランス人にマスクを問う前に、靴下は? ハンカチは?と聞いた方がいいですね。

だから、彼らがマスクを話題にするのが間違いです。

これは言える、世界で今一番美しいのは日本人の女の子です。
旅行中らしい3~4人の女子達を遠くから、おお~美しいじゃないかと見ていたら
大体が日本人でした、時々韓国人やね。

そういう私も子供の頃からの喘息持ちなので、予防に春はマスクがかかせない。
いろいろ試したけど、耳が痛かったり、目の下から頬にかけて擦れる部分が荒れたりします。
そうでないのはお高いし、今一番使えるのはこれです。
お値段も安くて、なかなか良いです。







関連記事

Comments 0

Leave a reply