最近の悩み、不思議体験進行形・・・


最近気が付いたんですが、ここはなから歩いて5分くらいの近所のスーパーにいつものように買い物に行くと。。。
何故か? 私にピッタリくっついて買い物をするおばちゃんがいるんですわ。
stoke.jpg

少し前から何かおかしいな?と思ってたのですが、自宅から尾行されているとか、そういうのではなくて、たまたま偶然に
よく遭う時間帯が同じなのかもしれません。
私がほうれん草を買うと、その人もほうれん草を買う、卵豆腐を買ってたらやっぱり同じように卵豆腐を買っている。
あっ、やっぱりゴマ豆腐にしよ~と卵豆腐と変えるとその人も卵豆腐をゴマ豆腐に変えている。
2~3回そんな事があって確信に近づきました、私がレジに行くと同じ商品を買ってやっぱりレジに並んでる。
女性だから怖くはないけど、なんだか不思議で腑に落ちないでしょ。

それでいろいろ調べてみました。

■人を真似る心理
実は、誰でも人をマネをする傾向があります。
心理学の用語で説明すると 「ミラーニューロン」というものがあるからです。
「ミラーニューロン」とは、他の人の行動をみてまるで自分が同じ行動をとっているように感じることです。
つまり、周りの人の行動を鏡にうつしだしたように自分で行ってしまう傾向があるのです。

人が楽しそうなら自分も楽しくなり、相手が悲しそうなら自分も悲しくなるというものです。
このように、自分以外の人とシンクロできるのは「ミラーニューロン」があるからなのです。

例えると親は子供におおきな影響を与えます。
親の職業を子供がついだりすることはよく見かけるのではないでしょうか。
また「子供の年収」がだいたい「親の年収」になるのはこのためでもあります。
「学歴」などにも言うことができます、一概に生活レベルとか環境だけの問題ではないようです。
通常、子どもは「親に似た」存在になっていくという統計レポートがあります。

昔から「類は友を呼ぶ」というこれこそ、その心理の原点で、そのおばちゃんと私は似ているのでしょう。

そして真似をするまたは同化するという根底には、自身の不安という観念があります。
一緒にする事によって、安心を得て心の安定を図る傾向がります。
しいては心の安定は「幸福につながる」とも言えますね。

少し妙なんですが、では人より上、例えば人より一層高級な物を見に着けると優越感や誇らしさが幸福を
もたらしてくれるような気がするのですが、それは普段より上だと一層不安が増すのです。
「こんな高い洋服をきていて大丈夫だろうか?」「私はこんなことをしていていいのか?」と漠然とした不安に
包まれるという事です。

ユニクロや無印、GUを着て、電車の中や街中で必ずお揃えになるんだけど、それは先の大衆同化の心理
となるのであります。
お金持ちが皆 高級ブランドの洋服を着ているのもクラスは違うけど大衆同化の一つですね。

ファッションではこの大衆同化を流行というわけです。

■個性の確立

真似する心理を基本に考えると、自分の個性を確立するにはどうすればいいのか、簡単に答えがでますよね。
「強くなる事」です、大衆同化されてしまったファッションと一線を画することです。
それには自分では感じないほどの不安や寂しさそして孤独を伴います。
これが「ちょっとモヤモヤした気持ち」なんです。

これを乗り越えると大衆同化されず、自身の感性や個性が確立して行くのです。
それは徐々にゆっくりでいいんです。
行ったり来たりしながら、少しずつ進めてゆけばいいと考えます。

自分に自信というのは一朝一夕では成り立ちません、しいて言えば自分自身の訓練とでも言えます。
それが子供の時から始められる人もおれば高校生大学生、ましてはかなりのおばちゃんになってから
でもいいと思うのです。

人と同じは「NO」と言える事、感じる事がいつかはそれが実践できるはずですね。

kuro.jpg


学校でも大衆同化が楽、会社でも右に倣えは安全、ご近所付き合い、またまた黒スーツ一色の就活も含めて。
えい~っと石を投げてみましょうね。

*よくよく見てください、確かにユニクロだけど、モデルの靴・バッグ・帽子など小物~高そうですよね、だまされますよ。
yunikuro.jpg





関連記事

Comments 0

Leave a reply